沿革

弊社は昭和22年の創業以来、いつも産地・小売・仲卸の皆様と共に、食への多彩なニーズに対応してまいりました。
情報関連と物流システムで新たなチャレンジにも取り組み、21世紀の青果卸売業界のリーダーとして活躍したいと願っています。
1931年(昭和6年) 神奈川区山内町に横浜市中央卸売市場「本場(ほんじょう)」が開設
中央卸売市場としては国内3番目、東日本では最初の市場となる
1941年(昭和16年) 太平洋戦争が勃発。統制時代に入ったため、卸売会社が廃止される
1946年(昭和21年) 独占禁止法が発令され、卸売会社は複数制を取り入れて再出発
1947年(昭和22年) 横浜中央青果株式会社の商号で、神奈川区山内町1番地に当社の前身が設立
1948年(昭和23年) 商号を横浜丸中青果株式会社に変更
1949年(昭和24年) 神奈川県青果部卸売人の許可を取得。市場でのセリ売りが再開
1958年(昭和33年) 青果部拡張工事完成。神奈川区橋本町1番地の1に事務所を移転
1966年(昭和41年) 青果卸売会社としては日本で初めてコンピュータ導入に成功
1968年(昭和43年) 長後丸中青果に資本参加
1972年(昭和47年) 青果物をパッケージする丸中プリパック株式会社を設立
1973年(昭和48年) 農林大臣より横浜市中央卸売市場 南部市場の青果部卸売人の業務許可を取得
南部支社を開設
1977年(昭和52年) 横浜市中央卸売市場南部市場において港南青果センター株式会社を設立
1982年(昭和57年) 湘南ハイパック(株)を設立
1985年(昭和60年) 青果物を加工するトーホー食品株式会社を設立。青果部卸売場拡張工事に着手
1988年(昭和63年) 神奈川区山内町1番地に事務所を再移転
1992年(平成4年) 横浜市中央卸売市場 本場に青果部卸売場完成
1994年(平成6年) 営業入力システム(社内 LAN)構築
1997年(平成9年) 創立50周年を迎える。横浜市中央卸売市場 本場構内PHS導入
1999年(平成11年) ウェブサイト運営開始
2000年(平成12年) ウェブサイトリニューアル
青果物を販売する横浜市場センター株式会社を設立
2003年(平成15年) 横浜市中央卸売市場 南部市場に当社低温卸売場完成
2004年(平成16年) 横浜市中央卸売市場 本場自動照合(卸←→仲卸の取引照合)システムが本格稼動
南部市場構内PHS導入
丸中プリパック(株)、港南青果センター(株)、トーホー食品(株)、横浜市場センター(株)が合併し、横浜市場センター(株)となる
共同出資により、横浜ロジスティクス株式会社を設立
2005年(平成17年) 横浜市中央卸売市場 本場配送センター内 低温流通センター完成
横浜市場センター(株)カット事業部施設リニューアル
ウェブサイトリニューアル
2006年(平成18年) 横浜ロジスティクス(株)南部市場に横浜第1フレッシュセンター完成
南部市場に高機能化低温卸売場完成
2007年(平成19年) 横浜第2フレッシュセンター完成
創立60周年を迎える
2010年(平成22年) 横浜市場センター(株)に、横浜ロジスティクスサービス(株)及び長後丸中青果(株)を吸収合併
2011年(平成23年)

共同出資により株式会社mamatoを設立
藤沢市場に卸売棟完成

2012年(平成24年)

全国初の民営化として、湘南藤沢地方卸売市場を開設
湘南青果株式会社を子会社化。藤沢市場に配送棟完成

2015年(平成27年)

共同出資によるマイケイフーズ(株)を設立
横浜丸中ホールディングス(株)を設立

2016年(平成28年)

横浜第3フレッシュセンター完成