品目情報

らっきょう

らっきょう
ユリ科ネギ属の多年草
原産地
中国、ヒマラヤ地方
主な種類
ラクダ、玉ラッキョウ、八房、九頭竜
旬の時期
初夏
成分
らっきょうが日本に入ったのは奈良時代。当時「おおみら」と呼ばれ、漬物よりは薬として使われていました。 その薬効については、テレビ等で「ビタミンB1の吸収を7倍にする」や「がん予防」、「狭心症予防」、「免疫力向上」、「殺菌解毒」などの効果が期待できると紹介されています。
目利き
外皮に傷みがなく、丸みを帯びており、白色で粒が揃っているものを選びましょう。
主な産地
鳥取県(鳥取砂丘)・福井県(三里浜)

この品目の取扱い青果はこちら